ブログ

当院サイト管理担当のブログです。

ブログ一覧

頭のケガ

スポーツのケガや交通事故のケガでは、頭部を打つこともあります。

持続性、またはは急激に悪化する意識の障害、手足のマヒ、言語障害、けいれん(ひきつけ)、繰り返す嘔吐、瞳孔不同(瞳の大きさが左右で違う)、呼吸障害などの症状は、救急搬送する必要があります。

また、脳振盪と診断される中には、まれに軽い「急性硬膜下血腫」が紛れ込んでいることがあります。出血がごく少量なので症状が軽く、脳振盪と見分けがつきません。これをはっきりさせるためには、病院を受診してCT検査やMRI検査を受ける必要があります。

当院では交通事故のケガ・スポーツの外傷・日常生活での負傷による頸椎捻挫(首のねんざ)やムチウチの施術を行っていますが、頭部も同時に負傷している場合は、脳神経外科など専門の機関での検査・診察を優先する場合があります。

2019年07月21日

高崎市内 交通事故 要注意箇所

高崎市の交通事故の要注意箇所として「上大類交差点」が発表されています。「高崎・駒形線」と「環状線」がぶつかる交差点ですね。とても交通量が多く、特に朝と夕方の通勤時間帯は渋滞しています。車線も多く、右折がしにくい交差点の為、対向車との衝突事故が大変多い交差点です。右折する時、対向車に十分な注意が必要です。また、自転車。歩行者にも注意しましょう。

夏休みは学生の自転車走行が増えます。高校生のみならず、中学生・小学生も慣れない道を自転車走行することが多くなります。学生たちの多くは運転免許未取得で交通法規を正確には理解していません。自動車ドライバーはそのことを理解したうえで安全運転を心がけましょう。

 

 

2019年07月21日

前橋市内 交通事故 要注意箇所 2

前橋市の交通事故の要注意箇所として「小相木町交差点」が発表されています。「南部環状線」と「県道13号長瀞線」との交差点ですね。交通量が多く渋滞も多発する地点です。追突事故や右折車と直進車の事故が多いようです。更に道が狭く複雑な形の交差点で右折車が左折車より優先される部分もあります。加えて自転車・歩行者も多いです。注意点としては 歩行者・自転車に注意すること、速度を控え強引な走行を控えること。交通事故が起きてしまった際は、必ずその場で警察に連絡を取りましょう


交通事故のケガで多いのは、首の捻挫・腰の捻挫・胸の打撲です。更に手足のケガ、頭部・顔面部のケガもあります。


事故直後は痛みを感じなくても翌日以降に痛みを発症することもあります。あまりにも時間が経ってから医療機関に受診しても事故との因果関係が認められないとの判断をされてしまい自己負担での治療となってしまう場合もあります。痛みが出ましたら早めに医療機関を受診しましょう

2019年05月05日

令和元年

ゴールンウイークについて

5/1(水)~5/3(金)は診療を行います。その他はカレンダー通りです。

2019年05月01日

花粉症に注意

スギ花粉症のシーズンになりました。前橋市では2月21日(木)よりスギ花粉の飛散が増えるようです。統計によると花粉症による交通事故も多いようです。

・目のかゆみ等による視界不良

・抗アレルギー薬による眠気

・くしゃみによる運転操作のミス

交通事故につながらないよう注意したいですね。

 

 

 

 

当院では、ムチウチ・捻挫など交通事故のケガの施術も行っております。自賠責保険・任意保険・人身傷害保険など各種保険に対応しています。他の接骨院・整形外科・病院からの転院や並行通院の受け入れも行っています。電話相談も受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

2019年02月10日
» 続きを読む